絶景@日本

素人写真で紹介する日本の絶景スポット

絶景@日本

春の長瀞は藤と桜で昼と夜楽しめます



現在、ブログ整理の為、投稿日時がバラバラになっています。

f:id:zekkei-japan:20220413073846j:plain

 2017年4月24日

芝桜の丘(羊山公園)での芝桜を楽しんだ後、御花畑から秩父鉄道で長瀞へ移動。
長瀞駅から岩畳通りを歩いて10分程で岩畳に着きます。

f:id:tax-life:20170425055153j:plain

岩畳

岩畳は荒川沿いに露出した岩が続きますが、この岩はプレートの運動によって地下深くに沈み込んだ岩石が低温高圧型の変化をして出来た変成岩の一部が分布したものだそうです。

f:id:tax-life:20170425195651j:plain

 

f:id:tax-life:20170425200131j:plain

荒川沿いの壁も断崖絶壁で見応えがあります。

f:id:tax-life:20170425200744j:plain

岩畳の藤「長瀞藤まつり2017」

また、この岩畳には約3000本、400株もの藤が岩の隙間から自生していてその藤の花が
見頃を迎える時期に合わせて「長瀞藤まつり」が開催されているそうで、今年は4月22日(土)~4月30日(日)の間開催されていて、30日にはイベントが開かれるとの事でした。

が、、、この日(4月23日)は全く藤の花が見当たらず、、、(>_<)

藤を求めて岩畳の上を彷徨いました。

すると、発見!!

f:id:tax-life:20170425201627j:plain

これ、藤ですよね!?
藤って上からぶら下がって咲いているイメージがあったので岩の間から生えてるのって
何だか違和感がありますが、これが本来の姿なのかな?

藤=紫と言う事で岩畳を歩きながら必死に紫の色を探していたけど、良く見るとこれ(↓)も咲く前の藤、、、だよね?

f:id:tax-life:20170425202622j:plain

f:id:tax-life:20170425202631j:plain

良く見ると紫色の花が少しだけ咲き始めていました。
この緑の藤に気付くと、岩畳にはあちこちに藤の花がありました。
残念ながら咲き始め、少し前といった具合で藤の花を楽しむ事は出来ませんでしたが、この花が咲いたら普段見るような上から下がる藤の花と違っていいのかもしれません。

通り抜けの桜

岩畳から長瀞駅に戻って、駅前の大鳥居をくぐって宝登山参道を歩くこと20分。
宝登山の麓に八重桜系の品種30種類以降、約500本の桜が見られ、見頃が4月中~下旬となり、昼だけでなく、夜のライトアップも楽しむ事ができます。

通り抜けの桜 開催概要

日時:4月14日(金)~4月23日(日) ⇒開花状況により、4月30日(日)迄延長 9:00~21:00
ライトアップ時間:日没~21:00
入園料(協力金):大人 200円 / 小学生 100円

 

通り抜けの桜の様子(2015年)

今年は帰りの時間の都合上、行けなかったので通り抜けの桜の様子は以前の記事を参照下さい(笑)

zekkei-japan.com

今回は岩畳の藤がほとんど開花していない状態で残念でしたが、通り抜けの桜も今月末の4月30日(日)までライタアップ期間が延長され、その日は岩畳で藤まつりのイベントが開催されるのでもし機会があれば長瀞で藤と桜を1日楽しむのは如何でしょうか?