お得情報

旅行代金が半額!?【Go To トラベル】概要のまとめ

Go To Travel

≪追記≫
7月17日に現在の新型コロナウィルス感染症の感染者数に鑑みて、東京都を目的とした旅行、東京都在住の旅行者がキャンペーンの対象から外される事が発表されました。
東京都及び在住者のキャンペーン適用については今後の感染状況で再度判断されるようです。

*東京都外在住の方が東京駅や羽田空港などを利用するパッケージ旅行はキャンペーンの対象となります。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 

新型コロナウィルス感染症の流行終息後、この新型コロナウィルス感染症によって冷え込んだ観光業を中心とした消費を喚起する為に総額で1兆6,795億円もの予算を計上して行われる「Go To キャンペーン」事業ですが、その中の目玉である「Go To トラベル キャンペーン」が7月22日より開始される事が決まりました。

東京都の感染者数が連日200人を超える報道がされる中、国内移動を推奨するこの事業が始まる事の是非は一旦置いて、 国交省の発表しているGo To トラベル事業を参考に「Go To トラベル キャンペーン」の概要についてまとめてみました。なお、「Go To キャンペーン」事業は以下の4つからなります。

Go To キャンペーン事業

・Go To トラベル(詳細は以下に記載)

・Go To Eat
①Webサイト経由の予約で次回予約で利用できるポイント等の付与
②登録飲食店で使用できる食事代金の割引

≪割引金額≫
①最大1人当たり1,000円
②食事代金の2割分

・Go To Event
①チケット代金の割引
②会場の物販で利用できるクーポンの付与
③別のイベントのチケット公にゅじに利用できるポイント付与
のいずれかを実施

≪割引金額≫
チケット代金の2割分

・Go To 商店街 キャンペーン
商店街によるイベント開催、プロモーション、観光商品開発などを実施

Go To トラベル事業の概要

今回のGo To キャンペーンの目玉であるGo To トラベル事業の概要は以下になります。

これを図にしてみました。

Go To Travel

更に、1泊旅行について具体的に金額を当てはめると以下のようになります。

Go To Travel

旅行代金の50%(上限2万円)が補助されるから、2万円の旅行が1万円で出来る!と思いがちかもしれませんが、実際の支払額は地域共通クーポン券の金額も含めた金額となりますので注意が必要です。つまり、上図でも示したように旅行代金2万円の場合は13,000円、旅行代金5万円の場合は36,000円が実際の支払額となります。

地域共通クーポン

地域共通クーポンは1枚1,000円単位で発行する商品券(お釣りなし、1,000円未満は四捨五入)もしくは電子媒体のクーポンで、旅行先の都道府県+隣接都道府県において旅行期間中に限って使用可能となります。
利用できるのは、地域共通クーポン加盟店で、旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関で利用できます。

Go To Travel

なお、地域共通クーポン券の実施開始日は9月1日以降となっており、それまでは地域共通クーポン券の配布はなく、旅行代金割引のみの補助となります。

対象となる旅行と期間

Go To トラベル事業の概要でも述べましたが、対象となる旅行は以下に示したような宿泊もしくは日帰りの国内旅行となり、海外旅行は対象外となります。また、対象となる期間は7月22日以降開始の旅行で、割引価格での販売は7月27日以降の予定で、来春まで継続される予定だそうです。

旅行後の申請方法(調整中)

対象となる期間は7月22日以降、割引価格での販売は7月27日以降となっていますが、既に予約した旅行に関しても旅行後の申請で割引分の支給を受ける事ができます。

旅行後の申請については、郵送またはオンラインで
・申請書
・領収書(原本)
・宿泊証明書
・個人情報同意書
を提出します。

これら書類を事務局で確認後、口座振込もしくはクレジットカード振込等で還付されます。なお、提出書類の申請書及び個人情報同意書は事務局ホームページ・宿泊施設、宿泊証明書は宿泊施設から入手できる予定です。

 

普段高くて躊躇するホテルに宿泊するチャンスだと思いますが、現在の東京での感染者数を考えると神奈川在住としても今すぐに利用しよう!とはなれないのが残念です。実際の支払額は同じでも地域共通クーポンが開始される9月以降の方がお得なので、その頃までには新型コロナ感染症も落ち着いてきてくれるといいですね。