おでかけ

【HANAあかり】で彩られる「HANA・BIYORI」

2021年3月29日

桜巡りのお散歩、「食と農」の博物館見学の後、よみうりランドへ移動してHANA・BIYORIで開催されていた和のライティングイベント「HANA・BIYORI×竹あかり「HANAあかり」」に行って来ました。「HANA・BIYORI」は新しいエンターテイメント型フラワーパークとしてよみうりランドに誕生した施設です。

ライトアップ前の園内

17時半頃に入園した時にはまだあかりが灯されるには少し早かったですが、一通りあかりの灯されるコースを周ってみました。
今回のコースは、入園後すぐにある苔の庭の前の通りから⑲聖門を通って⑳聖池を渡り、曼珠沙華の咲く辺りまででした。

⑲聖門を抜け、⑳聖池に架かる橋を渡って曼珠沙華までは和傘があり、また、その辺りから⑫セコイアの庭の方を見下ろすと桜並木が広がっていました。

この桜はメインとなるHANA・BIYORI館前のセコイアの庭に沿って咲いていますが、夜はライトアップされ、その姿がHANA・BIYORI館のガラスに反射して庭を取り囲んでいるように見えます。

HANAあかり

竹あかりでライトアップされている場所は園内の一部ですが、まとめてみました。

普段は夜間は閉園しているので、夜の園内を歩く事はできませんが、竹あかりのライトアップが園内に施されており、また、桜もライトアップされているので、竹の柔らかい灯りの中園内を散策できるので、貴重な体験でした。

既に「HANAあかり」のイベントは終了していますが、夏や冬など季節に合わせたイベントが今後もあるかもしれません。また、春夏秋冬、季節の花を楽しめるので是非訪れてみて下さい。なお、「HANA・BIYORI」については、トリップノートに記事を書いていますので合わせてそちらもご覧下さい。