おでかけ

街の安全を守る横浜消防局の技術を肌で感じる「横浜消防出初会式2018」

2018年1月7日

1月7日に横浜赤レンガ倉庫で開催された「横浜消防出初式2018」に行って来ました。

会場には沢山の消防車が並んでいました。
きっと、男の子は興奮してしまう光景ですね(^ ^)

ちなみに出初式とは、

消防関係者により1月初旬に行われる仕事始めの行事で、一斉放水・非難救助などの消防演習、梯子乗りなどの伝統技能の披露、消防団・消防車のパレードなどその地域によって様々な行事が行われる

もので、横浜消防出初式では赤レンガパーク及びその周辺で以下のようなプログラムが行われていました。

プログラム

第1部

11:00 オープニングセレモニー
11:20 古式消防演技(木遣り、纏振込み、梯子乗り)

11:33 消防音楽隊ドリル演技
11:50 消防総合訓練
12:12 一斉放水

第2部

12:30 沖縄伝統芸能「エイサー」
12:49 消防団PR~学生消防団による「新征服と新型防火衣」の紹介
13:06 火災予防PR~出火防止や地域の初期消火力を高める
13:22 航空救助訓練
13:47 救急PR~倒れた友の命を救え!
14:05 心のバリアフリーパフォーマンス
14:30 ドリーミングとうたおう!新春コンサート
15:00 一斉放水

沢山あるプログラムの中で赤字の3つを見てきたのでご紹介を!
人が多くて写真が上手く撮れなかったけど、、、

また、上のプログラム以外にも放水体験や消防艇乗艇体験、救助体験など様々な体験プログラムがありました。

一斉放水(第1部)~海上から見学

一斉放水とはその字の如く、消防局航空艇、消防局消防艇、消防局消防隊、海上保安庁消防船によって一斉に放水される事を言いますが、第1部は船の上から見学。

が!!!
位置取りが悪くてほとんど見えませんでした(笑)

何とか撮った写真がこちら(↓)
ヘリコプターからの放水!
隙間から何とか見れましたが、空から大量の水が降ってくる様は圧巻です!!
他にも海上保安庁消防船などの放水の様子が少しだけ見る事ができました☆

一斉放水を終えて帰って行く消防艇達、、、何だか、とっても格好良くみえます(笑)

航空救助訓練

ヘリコプターを使かった航空救助訓練はまずは海で遭難している人を救助艇が助ける所からのようです。

小さなボートで要救助者に近付き、隊員が水の中で要救助者を抱えます
訓練なので要救助者は人形ですw

今度は小さな船が近付いてきて要救助者を小型船に乗せます←肝心なシーンがピンボケ(笑)

小型船の上では心臓マッサージ等を行っていると、、、
救助するヘリコプターが来て、隊員がロープで徐々に小型船へと降りていきます。
横浜消防局では「はまちどり1」と「まはちどり2」の2機で各種航空活動を行っていると言う事で、この時も2機で活動していました。

残念ながら要救助者を引き上げる所は人だかりで全く見えませんでしたが、ヘリコプターに収容する所は見る事ができました♪

最後は、消防隊員の皆さんが手を振って去って行きました。

一斉放水(第2部)~大桟橋から見学

第1部は良く見えると思い、クルージングを予約して船上から見たものの確保した位置が放水する所と逆だった為にほとんど見えなかったので、第2部は遠いものの放水会場が良く見える大桟橋(↓)に移動して見ました。

大桟橋からは少し遠いですが全体が良く見えます。

そして、15時と同時に放水開始!!

そして、ヘリコプターが2機飛んで来ました!

第1部で良く見えなかった一斉放水の様子が見れるかと期待しましたが、2機のヘリコプターは放水する事なく、会場の人達に上空から手を振って去って行き、そのまま一斉放水は終了、わずか2~3分で終わってしまいました(>_<)

一斉放水や航空救助訓練など、誰しも興味を持ちそうなものは人が多くてなかなか見るのは大変ですが、出火時の心得や初期消火の重要性、救命救急の方法など普段の生活で重要な事を学べるいい機会なのでお近くで出初式があれば勉強も兼ねてお出掛けしてもいいですね(^ ^)