おでかけ

45万本が一面を彩る黄色の絶景☆座間の「ひまわりまつり」

座間のひまわり

2017年8月14日

小田急線の座間では、10万本咲く栗原会場(7月21日(金)~26日(水))と45万本咲く座間会場(8月10日(木)~15日(火))の2ヶ所で「ひまわりまつり」が開催されていますが、今回は座間会場に行って来ました。

座間会場のひまわり

座間のひまわり

折角なのに、空はどんより曇り空。
後日談になりますが、この8月の東京は20日連続で雨を観測する程天気に恵まれなかった上に、この日(8月14日)も御昼過ぎから強い雨が降ってきたので、雨が降らなかっただけでも良かったです。

座間会場は座間エリア、新田宿エリア、四谷エリアの3ヶ所に分かれていて、それぞれのエリアに展望台があり、上からヒマワリを見る事ができます。ただ、展望台は最大20名が目安となっているので、人数が多い時は階段の下で並んで順番が来るのを待ちます。

座間のひまわり

展望台の上からは、辺り一面が黄色のヒマワリで覆われている絶景を見る事ができました。

座間のひまわり座間のひまわり

青空をバックに撮りたかったけど、どんより曇り空。
絶景写真は来年リベンジしたいですね(笑)

座間のヒマワリ

座間会場へのアクセス方法

座間会場へのアクセス方法は
・小田急線「相武台前駅」から座間四谷行きバスで「神社前」下車10分
・JR相模線「相武台下駅」下車徒歩15分
・JR相模線「入谷駅」徒歩20分
がありますが、期間中は9:00~15:30迄の間、相武台前駅から「ひまわりまつり会場」行きの直行バス
に片道200円で乗る事が出来ます。

栗原会場の概要とアクセス方法

今回は行けませんでしたが、もう1つの会場である栗原会場では座間会場よりも少し前の7月21日(金)~26日(水)に開催されていました。
(例年、「ひまわりまつり」は座間会場よりも先に栗原会場で開催されているようです)

栗原会場は座間会場の45万本に比べて10万本と大分規模が小さいですが、チャンスがあれば両方の会場を訪れて比べてみるのも面白いですね♪

なお、栗原会場へは
・小田急線「相武台前駅」から
南林間駅行きバスで「座間総合高校前」下車徒歩1分
さがみの駅北口行きバスで「北向夷申前」下車徒歩5分
・小田急線「相武台前駅」南口から徒歩約30分
・小田急江ノ島線「南林間駅」より相武台前駅行きバスで「座間総合高校前」下車徒歩1分
・相鉄線「さがみ野駅」北口より相武台前駅行きバスで「北向夷申前」下車徒歩5分
で行く事ができます。

農家カフェ

ヒマワリを見た後は、☆が描かれた座間駅前の「ホシノダンチ」1階にある農家カフェでお昼にしました。
⇒現在、閉店してしまったようです。

ケーキなどがあるショーケースやレジ周りを撮りませんでしたが、ショーケースとカウンター席のあるスペースとテーブルがいくつかあるスペースがあり、ちょっとした廊下?でつながっています。

農家カフェ

奥の方がレジのある所で壁側に数席のカウンター席があります。
下は上の写真手前側でテーブル席です。

農家カフェ

団地なので、いわゆる2間続きの部屋をカフェに改装しました!みたいな感じなのかな?

この日は、ちょうど農家Cafeに着く頃に雨が降って来て誰もいませんでしたが、テラス席もあります。

農家カフェ

メニューはケーキなどのスイーツだけでなく、おにぎりなどの軽食などがありました。

農家カフェ

今回注文したのはセットメニューですが、セットメニューは
メイン1種類+おにぎり+サイド2種類+ドリンク1種類
をそれぞれ選んでいきます

おにぎりはこの時5種類あり、おにぎりの数でセットメニューの値段が800円~1,000円に分かれていました。

その中で
メイン:たらの和風あんかけ
おにぎり:しゃけと枝豆と柴漬けの2種類
サイド:お野菜たっぷりオムレツとひじきとミックスビーンズの白和えの2種類
ドリンク:ほうじ茶
セットメニューではないけど、単品で枝豆チーズケーキを注文。

農家カフェ

左手前が枝豆チーズケーキ
右のお皿にある枝豆と柴漬けのおにぎりの奥から時計回りにたらの和風あんかけ、
ひじきとミックスビーンズの白和え、お野菜たっぷりオムレツ
です。

オムレツって、、、卵をラグビーボールのようにくるんと巻いてあるのを想像していたのでちょっとその見た目にびっくり!!

どれも美味しかったけど、特に枝豆チーズケーキが予想以上に枝豆の味がしっかりしていて美味しかったです。

店内には数冊ですが、雑誌が置いてあって、待ち時間など雑誌を見ながら過ごせます。
また、小田急線沿いにあるにも関わらず電車の音が気にならずとてもゆったりと過ごせました。正直、座間駅は降りる機会が少ないと思いますが、、、おススメのカフェですよ☆