おでかけ

川崎のあじさい寺【妙楽寺】

妙楽寺

2020年6月21日

先日、川崎のあじさい寺「浄慶寺」に行きましたが、もう1つのあじさい寺「妙楽時」に行って来ました。

浄慶寺
川崎のあじさい寺【浄慶寺】 2020年6月8日 非常事態宣言が明けたものの遠出するにはまだ気が引ける為、長時間の電車移動をしなくても良い、川崎(柿生)の「あ...

妙楽寺は天台宗で、JR南武線「宿河原駅」から徒歩20分の丘陵の一角にあり、境内には28種1,000種類の紫陽花が咲き、「あじさい寺」と呼ばれています。

基本情報

≪住所≫

214-0023
神奈川県川崎市多摩区長尾3-9-3

≪料金≫
無料

≪アクセス≫
JR南武線「宿河原駅」から徒歩20分。もしくは、JR・小田急線「登戸駅」から市営バス「菅生車庫」行き、「五所塚」下車徒歩15分。
JR・小田急線「登戸駅」、JR南武線「久地駅」からコミュニティバスあじさい号「あじさい寺」下車すぐ。(日曜祝日運休)


公式(?)にはJR南武線「久地駅」もしくは登戸駅から徒歩やバスを利用したアクセスが紹介されていますが、自分達は小田急線の「向ヶ丘遊園駅」から徒歩で向かいました。
向ヶ丘遊園駅から徒歩で行く場合、春と秋のバラの咲く時期にだけ行く事ができる生田緑地ばら苑や藤子・F・ミュージアムを通って、あじさい寺入口の信号から丘へと登って行きます。向ヶ丘遊園駅から妙楽寺までは3km弱と少し距離がありますが、一本道でわかりやすいかと思います。

生田緑地ばら苑
【生田緑地ばら苑】無料で楽しめる春を彩るバラ2017年5月21日 桜も終わり、そろそろ紫陽花の時期が近づく5月中下旬に小田急線「向ヶ丘遊園駅」またはJR南武線「宿河原駅」から...

妙楽寺は門から本殿(?)まで一本道の参道となっていて、その両脇に紫陽花が咲いているだけでなく、本殿前にも紫陽花があり、紫陽花越しに本殿を撮る事ができます。

妙楽寺

また、本殿脇には紫陽花が咲き誇っていて、座って紫陽花の様子を見る事ができます。

妙楽寺

前回の浄慶寺より紫陽花の株数は1/3程度のようですが、見頃に行く事ができたのか、薬師堂前やお墓へと続く階段など浄慶寺に比べてあじさい寺らしく至る所に紫陽花スポットがありました。

妙楽寺 妙楽寺

小高い所からは一面に咲く紫陽花を見る事もできます。

今回、こちらでは御朱印も頂きました。

妙楽寺

ジメジメした梅雨の時期は外に出られずに気持ちも滅入ってしまいますが、機会があれば是非足を運んでみて下さい!