ウェディング

初めてのブライダルフェア「ザ コルトーナシーサイド台場」

2018年2月11日

先日、 Hanayume(ハナユメ)で相談してピックアップした会場の中でお台場にある「ザ コルトーナシーサイド台場」に初めて式場見学に行ってきました。こちらはレインボーブリッジを見ながら挙式できるチャペルがありますが、この会場についてまとめてみました。

「ザ コルトーナシーサイド台場」はゆりかもめ「台場駅」徒歩2分の所にあるアクアシティお台場 B Zone 6階にありますが、今回はコチラ(↓)のブライダルフェアに参加してきました。

まずは相談室?にて挙式や披露宴で重視する事柄やいつ頃やりたいか、予算などのアンケートに答えます。

ハナユメの相談デスクの時のように飲み物がフリーで用意してもらえます。

コルトーナレジデンス

まず、最初は10~50名規模でアットホームなパーティーができる邸宅をイメージしたコルトーナレジデンスに案内してもらいました。

こちらは、オープンキッチンを兼ね備えた会場でとても落ち着いた雰囲気でした。

ザ コルトーナシーサイド台場のウリはやはり目の前に見えるレインボーブリッジですね!
披露宴会場から見えるのでゲストへのインパクトもありそうです。

シーサイドビューレジデンス

続いて、10~120名収容可能な会場でこちらはオープンキッチンはないですが、階段があり、演出の幅が広がります。

先程の会場に比べて広くなっていますが、レインボーブリッジを臨む窓がアーチ状にカーブしているので、それが死角となって少しゲスト同士が離れている感じがしました。
ココでは過去に挙式・披露宴を挙げた方のビデオを見ましたが、ビデオで見た友人たちと自分の友人たちではキャラクターが違うのでイマイチイメージが湧きませんでした。

2万円相当のフルコースの試食

実際には3つの披露宴会場がありますが、自分達が予定している40人規模の披露宴会場として2つを見学した後は最初の相談室?に戻ってお待ちかねの試食です。

まずは前菜

季節の野菜やエビ、マグロなど食材は一緒でしたが、彼女さんと盛り付けが変わっていました。右側が彼女さんの盛り付けですが、こちらの方が何となく豪華な気がしました。

続いて、メインとパンです。

レインボーブリッジを臨む都内唯一の対面式チャペル

試食の後は、いよいよ挙式するチャペルの見学です。
正面にはレインボーブリッジが見えて、手前の床には祭壇が映りこんでとてもきれいなチャペルです。

正面を向いている席だと外側の席から入場や退場のシーンを撮ろうとすると、席の内側の人が邪魔になる経験ありますよね?
これは、一般的な正面を向くゲストの席と違って対面式にすることで、新婦の入場や新郎新婦の退場の写真が撮りやすいのが特徴との事です。

チャペルからもしっかりレインボーブリッジが見えます。
景色がウリな所もあり、とても綺麗ですが、この後の他の式場見学で気付きましたが、正面に新郎新婦が立った写真を撮るのは光の加減で難しいかもしれません。

披露宴会場からもレインボーブリッジが見えるので、12月の土曜日、夕方から夜の時間帯に披露宴を挙げるようにするとレインボーブリッジに打ち上がる花火がいい演出になるかもしれません。

ただ、式場見学をアテンドしてくれた式場スタッフの女性の方が少し押し(営業)が強い方で、2人で少し不快な思いをしたのが残念でした。