おでかけ

箱根登山鉄道「あじさい電車」と箱根の紫陽花

紫陽花巡り

2018年6月17日

箱根は紫陽花のスポットの1つとして有名です。
特に箱根湯本駅から強羅駅迄の箱根登山鉄道沿線に咲く紫陽花は人気ですが、箱根湯本駅から大平台駅辺りまでが見頃になっていたので、先日行って来ました。なお、箱根の紫陽花を見に行くのは2016年から3年連続です(笑)

箱根湯本早川沿い

箱根湯本駅のすぐそばを早川が流れていますが、あじさい橋を渡って降りた河原にも紫陽花が咲いていて箱根紫陽花スポットの1つとなっています。

あじさい橋近辺の河原では腰を掛ける人、紫陽花を写真に撮る人、この日は暑くもなく多くの人が早川沿いにいました。

あじさい橋をバックに撮ってみたり、

紫陽花巡り

ミツバチを撮ってみたり(笑)

箱根湯本駅周辺は箱根登山鉄道沿線の紫陽花スポットのスタート地点で標高も近い為、沿線では比較的早い時期に見頃になります。

箱根登山鉄道沿線の紫陽花

箱根登山鉄道沿線の紫陽花の分布は以下のようになっています。

紫陽花巡り

この日(6月17日)は、箱根湯本駅から大平台駅迄が見頃になっているとの事で、時間の関係もあって大平台駅迄行って引き返しましたが、まずは大平台駅へ。

大平台駅は改札を出て「あじさいの小径」を少し進むと柵のない線路沿いに出て間近を通る箱根登山鉄道と紫陽花を楽しむ事が出来ます。

紫陽花巡り

大平台駅はスイッチバックをする3ヶ所のうちの1つになっている為、箱根湯本方面へ行く線路と強羅方面へ行く線路があり、上の踏切を渡ると箱根湯本方面と大平台駅を結ぶ線路に出ます。
(上の写真は大平台駅と強羅方面を結ぶ線路沿いになります)

下の線路沿いからは箱根湯本方面⇔大平台駅、大平台駅⇔強羅方面に向かう電車をそれぞれ見る事ができます。下の写真は上の写真と同じ、強羅方面から大平台駅に来た電車を下側の踏切付近から撮った写真です。

紫陽花巡り

箱根湯本方面(左)と大平台方面(右)へと続く下の踏切前の線路。

紫陽花巡り

箱根湯本駅と大平台駅の間にある塔ノ沢駅でもホームでも紫陽花を楽しむ事ができます。
更に、塔ノ沢駅はホームの両側がトンネルになっているので、紫陽花越しにトンネルから出てくる箱根登山電車を捉える事ができます。

紫陽花巡り

また見頃になると沿線6ヶ所でライトアップが行われ、ライトアップされた紫陽花を楽しむ事が出来ますが、期間中、ライトアップ箇所で車内照明が消灯されたり、徐行したりとよりライトアップされた紫陽花を楽しめる「夜のあじさい号」が走行しています。
「夜のあじさい号」は事前予約が必要ですが、「夜のあじさい号」ならではの楽しみが沢山ありますので機会があれば是非、予約して乗車してみて下さい♪

「夜のあじさい号」についてはコチラで少し詳しく書いています。

また、箱根を観光する際は「箱根フリーパス」がお得ですが、今回のように箱根登山鉄道沿線の紫陽花を楽しむだけでしたら、箱根登山鉄道とケーブルカーの2つが乗降り自由になる「トコトコきっぷ」と言うお得な切符が別にあります。その切符についても  「夜のあじさい号」の記事に詳細を書いています。

箱根の紫陽花は標高差があるため、比較的長く紫陽花を楽しむ事ができます。
機会があれば、是非、箱根の紫陽花を見に出かけてみて下さい♪