宿泊旅行

【南房総】絶景巡り旅 2日目

2020年11月24日~11月25日

レンタカーを借りて初めての旅行2日目は、宿泊した館山から東京アクアラインに向けて観光して行きました。

 

スケジュール

1日目:11月24日(火)
海ほたる(アクアライン)

道の駅 和田浦 WA・O!

野島崎灯台

≪館山シーサイドホテル≫

2日目:11月25日(水)
・館山城

・房総の駅 とみうら

原岡桟橋

館山城

南房総絶景旅 2日目はまず、宿泊したホテルから近い 館山城へ。
宿泊した館山シーサイドホテルから車で5~10分の所にあります。

【開館時間】
9:00~17:00

【定休日】
月曜、年末年始

【観覧料】
一般・高校生 400円、小・中学生 200円

館山城は房総の戦国大名である里見氏の居城ですが、江戸時代に廃城となり、現在は丸山城を模して再建された模擬天守となっていて、場内には里見八犬伝の博物館として利用されています。観覧料400円(一般・高校生)で城内に入ると里見八犬伝についてや、4階からは館山市内や館山湾などを臨む事ができます。

館山城は丘の上にあり歩いて行くにはちょっと急な登り坂を登って行く必要がありますが、桜の名所でもあるみたいですので、是非桜の時期などに行ってみては如何でしょうか。
なお、こちらでは館山城と城主である里見氏が館山平野を見下ろせる丘陵上に築城したとされる稲村城跡の御城印を各300円で頂く事ができます。

房総の駅 とみうら

館山城を後にして北上し、お昼は「 房総の駅 とみうら」で食べる事に。
房総の駅 とみうらには、海鮮・寿司が堪能できる地魚回転ずしの山傳丸、お土産・特産品が買える魚鷹、カフェ、浜焼き食べ放題の浜焼き屋、海鮮丼専門店のばんごや本店があり、房総の新鮮な海山の幸を満喫する事ができます。

いくつかあるお店の中で、今回は海鮮丼専門店のばんごや本店で海鮮丼を食べる事にしました。

今回は Go to トラベルを使っての旅行と言う事で、5,000円分の地域共通クーポンがあったので、自分が大とろ・うに・いくら丼(2,580円+税)、奥様が20点盛りのスペシャル海鮮丼(2,980円+税)と普段は食べないような贅沢な食事となりました。
(写真は丼ものだけですが、それぞれにあおさの味噌汁が付きます)

普段、なかなか食べられない好きなうにといくらを堪能できました♪

原岡桟橋(岡本桟橋)

南房総 絶景巡り旅の最後の目的地は、お昼を食べた房総の駅から車で10分もしない所にある原岡海岸にある原岡桟橋(岡本桟橋)に行きました。

ここの桟橋は全国でも珍しい木製の桟橋で美しい夕日とともに桟橋の先に富士山を見る事ができるスポットとしてSNSで人気の場所となっています。

訪れたのは14時頃だったので、夕日を見る事はできませんでしたし、残念ながら桟橋の先に富士山も望む事ができませんでしたが、館山城を出る時には大雨だったのがすっかり上がって雲があるものの、青空の下で桟橋の絶景を見る事ができました。

本当はこの後、千葉の絶景スポットとして有名な江川海岸に向かったのですが、日も沈み辿り着けませんでした。後日、SNSで知ったのですが、江川海岸の電柱はこの夏に撤去されてしまい、いわゆる絶景は見る事ができなくなったそうです。
今回、南房総を周りましたが、絶景スポットはまだまだありますので、第2弾、第3弾ともっと絶景スポットを巡って行きたいと思います。