おでかけ

闇夜に浮かぶ洋館とバラ

旧古河庭園

2019年5月19日

旧古河庭園で行われているバラ園のライトアップに行って来ました。

バラフェスティバル
開催日:5月1日(水)~6月2日(日)
開園時間:9:00~17:00

バラと洋館・日本庭園のライトアップ
開催日:5月10日(水)~5月19日(日)
ライトアップ時間:21:00まで(最終入園20:30)

入園料:150円

旧古河庭園は陸奥宗光の邸宅だったそうですが、宗光の次男が古河家の養子になった際、古河家の所有となったそうです。
(ただ、当時の建物は現存していないようです。)

旧古河庭園旧古河庭園

洋館は英国貴族の邸宅にならった古典様式でレンガ造りで、目の前にテラス式の洋風庭園にバラが植えられ、心字池を中心に日本庭園が造られた特徴があります。

旧古河庭園はこの大きな洋館も目を惹きますが、この時期はやはり洋館前にある洋風庭園に植えられたバラが綺麗に咲いています。

バラの咲く洋風庭園から階段を下がると日本庭園がありますが、こちらもライトアップされていました。

旧古河庭園

洋風庭園には100種類200株ものバラが植えられているそうですが、今、1回目の見頃を迎えているそうですが、引いた全体の写真はどうしても上手く撮れずに殆ど寄りのバラばかりになってしまいました。

旧古河庭園 旧古河庭園 旧古河庭園 旧古河庭園

なお、切り戻ししたバラは20~30日後に開花するそうで、6月下旬ころに2回目の見頃を迎えるそうです。

日本庭園は心字池を中心に滝や雪見灯篭などが周囲に配置されていて、趣があるだけでなく、心字池の水面にはそれら周囲の景観が映り込んでいました。

旧古河庭園 旧古河庭園

洋館とバラのライトアップは昨日(5月19日)迄で終わってしまいましたが、今見頃のバラフェスティバルは6月2日(日)まで開催されているので、機会がありましたらどうでしょうか?(バラフェスティバルは6月2日で終了しますが、バラは6月下旬頃迄咲いているようです。)