おでかけ

隅田川クルーズで水上から見る景色とダブル・スカイツリー

2019年3月25日

nstagramや他の方のブログ等でこの時期は菜の花を良く見ますが、都内の菜の花スポットとして良く名前を聞く浜離宮に菜の花を撮りに行って来ました。
自分の中でイマイチな感じがして、ものの数分で終了。

夜には六義園での桜のライトアップを撮る予定でしたが、夜までは時間があったので、浅草まで隅田川を通って行く水上バスに乗る事にしました。

桜の時期には、お花見用に終点の浅草での桟橋を少し通り過ぎて吾妻橋上流を迂回するルートになっており、偶然にもこのお花見船に乗船する事ができました。

東京湾や横浜のみなちみらい地区のクルージングは何度かした事がありますが、隅田川を船で移動するのは初めてです。

出航した船は方向転換して正面にレインボーブリッジを見ながら、築地川水門より隅田川へ出て後方にスカイツリーを見ながら、日の出埠頭を目指します。(前方にはお台場やレインボーブリッジを見ながら進みます。)

日の出埠頭を出た後は元来た水路を戻り、正面にはスカイツリーを臨みながらいくつもの橋をくぐって一路浅草を目指します。

永代橋

地下に東京メトロ東西線が走る永代橋は日没~21時まで青白くライトアップされているそうですが、工事中の今はどうなのかな?

さらに進んで両国等を過ぎていくと変わった形のオブジェが話題となるアサヒビール本社などが見えてきます。

ちなみにトリップノートにはアサヒビール神奈川工場について書いていますので、良ければそちらもご覧下さい(笑)

これは、「フラムドール」と呼ばれ、金色の炎でアサヒビールの燃える心を表現しているもので、下の黒い建物を聖火台に見立てて「聖火台の炎」をイメージしたオブジェです。

隅田公園から吾妻橋の方へ折り返すと再び金色のアサヒビールの本社ビルが見えてきますが、このビルの壁面にスカイツリーが映りこみ「ダブル・スカイツリー」を見る事ができます。

スカイツリーの頂上まで映り込むのが見えるのはなかなかないと思いますが、この辺りに行った際は「ダブル・スカイツリー」になる場所を探してみるのもいいかもしれません。

特別ルートのお花見船は期間限定ですが、浅草観光の時に隅田川クルーズで訪れてみるのもお勧めです!