おでかけ

チューリップ】【菜の花】【ネモフィラ】春の色に彩られた昭和記念公園

2019年4月29日

谷保天満宮を後にしてJR南武線「立川駅」から徒歩15分程の所にある昭和記念公園に行きました。昭和記念公園は様々な種類の花が咲きますが、最も華やかになる春に行ったのは今回が初めてです。
(秋の紅葉、冬のイルミネーションには行きました)

この日は昭和の日と言う事で入園料が無料だったこともあってか、これまでになく人が多く、レンタサイクルで園内を散策する予定でしたが、全て貸し出し中で行列ができていたので諦めて徒歩で散策する事にしました。

立川口を入るとカナールにイチョウ並木が続きます。
昨年の秋にイチョウ並木の紅葉を見ましたが、新緑のイチョウ並木も絶景です!

またイチョウ並木の横には少しですが藤棚もあります。

チューリップ

渓流広場にはチューリップガーデンがあり、池の水辺を中心に沢山の種類のチューリップが色とりどり咲いていました。

見頃としては1週間前だったみたいですが、242品種、22万球もある為にまだまだ十分楽しめました。

バラみたいだけど、これもチューリップなのかな?
ネモフィラと一緒に咲いていました。

ネオモフィラ

この時期、青い絨毯の絶景を見せてくれるネモフィラですが、昭和記念公園にも渓流広場のチューリップガーデンの少し横の一角にありました。

三浦半島でもネモフィラは見ましたが、多少規模が小さくても小さな青い花が群生しているのはやはり綺麗です。

準備中

菜の花

昭和記念公園の中央付近に大きな広場となっているみんなの原っぱがありますが、その一角に菜の花畑があり、遠くからでもその黄色い一角がわかります。

小湊鉄道や浜離宮でも菜の花は見ましたが、菜の花畑に出来た道を通りながら菜の花畑を見るのはやはり圧巻です。

準備中

チューリップは少し時期がズレていましたが、この他にもつつじ?があったり、花を愛でたり撮ったりするにはとてもいい公園です。
実はこの時、一眼は持って行ったのに肝心なSDカードを全部家に置いてきてしまった為に今回は全てiPhoneで撮影したので、奥様が興味を持っている5月のイベントの時はしっかりと一眼で別の花が撮りたいと思います。